中古物件のリフォームで失敗しないポイント

>

節税や工事費削減でお得に

減税制度を活用しよう

住宅物件をローンで購入した場合、条件を満たせばローン残高の1パーセントを所得税から控除することができます。
これは新築物件の購入だけでなく、中古物件でも可能なのです。
築年数や耐震レベルなどの条件をクリアする必要がありますが、条件をクリアしている場合は確定申告を行ない、節税しましょう。

また、中古物件の購入費用とリフォームにかかる費用を合わせてローンを組んだ場合には、リフォームの費用も住宅ローン減税の対象になることがあります。
こちらも条件がありますので、確認してみましょう。

場合によっては、キャッシュ1回で支払うより、ローンを組んだ方が得になるケースもあります。
ローン会社に金利などを確認し、試算しておきましょう。

自分たちでできるところはやってみる

簡単なリフォームなら、ホームセンターで材料を購入して、自分の手で行うことができる場合があります。
リフォーム業者に頼むよりずっと安くなりますので、業者に丸投げせずにやってみると節約になります。

まとめてリフォームすると割引される場合はまた別ですが、そうでない場合は生活を送るのに必要な部分のみ業者に依頼し、庭やテラス、装飾部分など古いままでも生活に支障がない部分は入居後に自分たちでやると人件費がかかりません。
また、自分の手でリフォームするのは楽しく、家に対する愛着も沸くはずです。

自力でやらなくとも、小さな部分だけなら別の業者に頼んだ方が安いということもあります。
入居後にゆっくり安くて良い業者を探すのも手です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ