中古物件のリフォームで失敗しないポイント

>

リフォーム工事を行なうときの注意点

リフォーム業者選びとリフォームの流れ

満足できるリフォームをするためには、リフォーム業者選びが大切です。
自分がやりたいリフォーム工事が得意な業者と、そうでない業者とでは、リフォームのスムーズさが違います。
また、リフォームにおいて自分が優先させたいことを理解してくれない業者を選んでしまうと、理想が叶いにくくなります。
何社かに相談して、自分に一番合った業者を選びましょう。

リフォーム業者を決めたら、打ち合わせと現場の下見が始まります。
この際、物件の状況を業者とよく確認し、なるべく想定外の工事をしなくて済むようにすることが大切です。

見積もり金額に合意したら、いよいよリフォームが開始されます。
状況を定期的に報告してもらい、できれば自分でもこまめにチェックするようにしましょう。

最初にどこまでリフォームするか見極める

リフォームは予算との兼ね合いが重要です。
一度に全て理想を叶えられたらいいのですが、そうすると予算をオーバーしてしまうこともあります。
住み始める前の最初のリフォームで、どこまで手を加えるのかを見極めることが大切です。

予算が高額になるときはあまり一気にリフォームせず、急ぎでない場所を後回しにするという手があるのですが、逆にまとめてリフォームした方がいい部分もあります。

外壁や軒裏などのリフォームで足場を組む場合は、他の高い部分もまとめてリフォームした方が、足場の設置・撤去費用がかかりません。

また、トイレや浴室などは、ほとんどの方が新しくしたいと思う部分だと思います。
このような場所は入居後に丸ごと入れ替えるのが難しいため、入居前にまとめてリフォームした方がいいようです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ